悪質なリロケーション

リロケーションを利用する際には、悪質なリロケーションに注意をする必要があります。
悪質なリロケーションとはどのような利用者のことなのか、借りる側と貸す側の特徴をご説明します。

借りる側の場合ですと、部屋をきれいに使わない、家具や家電などを汚す、壊す、ペットを飼って壁など破壊する等、現状維持をすることが出来ない借主さんがこちらの場合に当たるでしょう。
現状維持、復帰することが出来ない程の破壊をされてしまうこともありますので、希望者を選ぶ際には、部屋を丁寧に扱ってくれそうかどうかなどをしっかり見て判断する必要があると言えます。

次に貸す側の場合ですが、監視カメラをつける、何の連絡もなく突然契約期間内に帰宅するなど、犯罪まがいの事も行う貸主が居るケースもあると言われています。
この理由は色々とありますが、部屋が心配だから監視カメラを黙って付けて監視をするという方や、急きょ契約期間終了前に帰ることになったから、一緒に住んでもらう、出て行ってもらうなど、契約内容を大幅に変更するような行為や、盗撮行為をする方も少なからずいるようです。
こういった危険な借主に騙されない為にも、面接の際に事前に色々と確認をしておくべきだと言えるでしょう。

貸す人の特徴

リロケーションを借りる人の次は、貸す人の特徴をご説明します。
リロケーションをする人には、このような方が多いと言えるでしょう。

一つ目は、転勤族、出張族など、家を長期的に空けなければいけない期間が多いという方です。
引っ越しはしたくないけれど、家を長期的に空き家にするのが不安という方や、どうせ同じ家賃を払うのであれば、不在のあいだ誰かに住んでもらって家賃分を負担してもらいたいと考えてリロケーションを始める方が多く、重宝されています。
リロケーションは期間限定で住んでもらう形になりますので、自分が帰るタイミングになったら家を空けてもらうように契約を結ぶことが出来ることが大きな特徴だと言えるでしょう。

貸す側の特徴その2は、真面目で実直な方が比較的多いという点です。
人に家を貸す以上しっかりと契約を結んで、お互いにとって良い関係になることが出来るようにしたいと考えている貸主は多く、入居者の面接も、自らが行っているという賃貸主も少なくありません。
ですが、中には悪質な貸主も居ると言われていますので注意が必要です。
今後リロケーションをしようと考えている方は、面接の際に、リロケーションの貸主をしっかりとみて、判断することが大切でしょう。

借りる人の特徴

リロケーションを借りる人、貸す人には、それぞれ特徴があります。
リロケーションを借りる側の人はどのような特徴があるのかをご説明します。

リロケーションを借りる人の特徴その1は、現在貯金を貯めている、または、好みの物件を探している最中であるという点です。
リロケーション物件はその特徴から、基本的に更新料などが必要にならず、通常の賃貸物件よりも安く借りることが出来ます。
また、そのエリアに住みたいと願っている人が、お試し感覚でリロケーションで住んでみて、住み心地が良ければ、リロケーション終了後、別の物件に居を構えるという方が多いと言えるでしょう。
入居の為には厳しい審査がありますが、真面目に丁寧に部屋を使う人であれば、特に問題なく住むことが出来る場合がほとんどです。

特徴の二つ目は、リロケーションを何度も繰り返している人が多いという点です。
リロケーションのスタイルは、更新料などがかからないこともあり、お手頃価格で住むことが出来ることもあってか、そのフリーのスタイルが気に入り、リロケーション物件を探して転々と住み続けるという方も居るようです。
何かとメリットが多い反面、デメリットもありますので、そういったことを理解した上で住む必要があると言えるでしょう。

リロケーション利用者

近年、貸す側も借りる側も増えてきているリロケーション物件。
中にはリロケーションの中間会社の役割を担っている企業もあり、需要が高まってきているのですが、そんなリロケーション会社を利用する人には、どのような特徴があるのかをご説明します。

リロケーション物件を借りる側の特徴としてあげられるのは、リロケーション物件を転々と渡り歩き、自分の興味がある物件が出るまで待つ、または、貯金が貯まるまで待っているというタイプの方です。
そのエリアに深い思い入れがあり、比較的に安く借りられるリロケーションを巡っている方が多いと言えるでしょう。

反対に貸し出す側の特徴としては、長期的な転勤、異動、出張があるというタイプの方です。
いつか必ず家に戻ってきたいと思っている物の、長期的に家を空けるとなると何かと不安ですので、出来れば誰かに家に住んでおいてもらい、家賃分も少し負担してもらいたいと考えている方が多いと言われています。

このように、貸し出す側、借りる側には特徴がありますが、他にも、いくつかの特徴がありますので、リロケーションを貸し出したい方、リロケーションを借りたいと考えている方は、物件選びの参考にしてみてはいかがでしょうか?また、物件を選ぶ際にも、物件を貸し出す際にも、相手がきちんとした人か判断することが大切ですので、契約前には充分注意をする必要があります。
悪質な場合、家がボロボロになったり、契約中に危険な目に遭うということもあるので注意が必要です。